サバ×サバな日々

メンタル不全により仕事からの敗走。休職というサバティカル、そしてサバイバルに向けて模索する日々のよしなしごと。

サバイバル日記428日目(祝・神戸クアハウス再開!)

ホームサウナにしている神戸クアハウスが、長い休業を経て遂に営業再開。

スーパー銭湯やサウナ施設は緊急事態宣言以降休業に踏み切るところが多くて、再開は早いところがGW明け、次が緊急事態宣言解除の5/16頃だったろうか。その後は5/25とか、今日6/1とか、結構パラパラと。

スーパー銭湯系で、緊急事態宣言解除後に行ったのは水春くらいだ。それも1回だけ。後は、営業継続が確実な街中銭湯にずっとお世話になっていた。

で、神戸クアハウス、かなり衛生管理をきっちりしての営業。

f:id:lebentur105:20200601225417j:image

入口がワンウェイになっていて、非接触式体温計で熱を測られたり。

フロントもガッチリとビニールカーテンで覆われておりました。

f:id:lebentur105:20200601225510j:image

いつもと同じくらいの時間に滞在したけれど、空いていたかなあ、というのが率直な感想。

まあ、週始めというのもあるし、常連さんはシニア層がメインのクアハウスなので、SNSとか見ないだろう…営業再開の情報が入っていないのかもしれない。

サウナはほぼ貸切で満喫できた。ただ、自慢の水風呂が今日はちょっと緩かったかな。いや、休業中に、他の冷たい水風呂に入り過ぎて身体がそっちに慣れてしまったのだろうか…⁈

 

なお、クアハウス、現在は時短営業で晩23時閉店。カプセルホテルはまだ休業で、日帰り入浴のみなのでご注意を。

 

 

サバイバル日記427日目(ア●ノマスク届かず)

5月も最終日になったけれど、件の「ア●ノマスク」は我が家には届かなかった。

5月末までに全戸配布じゃなかったのか?

まあ、いつも嘘ばかり言っている人なので、逆に期間中に届いたとしてもぶったまげるが(苦笑)。

f:id:lebentur105:20200601100725j:plain

最近はもっぱら不織布マスクもだいぶ中国からの輸入が増えてきて、価格は下落状態。50枚で1500円を切るところもある。買えない、なんてことはない。

それに、各アパレル企業なんかが工夫を凝らして布製マスクも出しているから、ファッションアイテムとしての位置づけにもなりつつある。

これからの季節は、「他人と離れていて」「かつ自分が咳もしてない、喋ってもいない」ならば、マスク無しでもいいだろう。

暑さ対策に冷感マスクなるものも売り出されているようだが、いつも「レイカンマスク」と聞くと、それをかけると何か見えないものが見えるようになる、そっちの「レイカン」かと思ってしまう。

サバイバル日記426日目(注文していたノートPCがようやく届く)

4月にキンキュー事態宣言が出て、職場でも分散勤務・在宅勤務の導入が始まった。

体調が芳しくない時などは無理して通勤するよりも自宅でできることをやろう、と在宅勤務の日も自分なりに設定したのだが、実は我が家のPC、どれも古くて職場へのリモート接続の要件を満たさないことが発覚。当面は、単純な入力作業しかできない、という状況。

 

sabasabadays.hatenablog.jp

 

しゃーない、いずれ買い換えようと思っていたので、新しいPCをえいやっと注文したのだが、「到着は5/31予定」というオンラインショッピング。

とはいっても、待つしかない。

そして待つこと1ヶ月。

来たよ!

f:id:lebentur105:20200530220925j:image

MacBook Air、空気林檎さんである。

今使っているのも同じく空気林檎、なんと2010年購入。

何度となく海外にも帯同し、現地での調べ物などめちゃくちゃ貢献してくれた。ロボット掃除機に電源コードを喰いちぎられながらも、まだまだ頑張っていたのだが…OSの更新が追っつかなくなり。

新しい空気林檎氏は13インチなので画面がデカい。そして心なしか重たくなっている。確かに、この重さならば、MacBook Proを買うという選択もあったのかもしれない。が、まっいっか。

f:id:lebentur105:20200530221321j:image

PCを買い換えると、設定やらなんやらで、やたら時間を食うのが嫌いだ…

 

 

サバイバル日記425日目(まつ毛アルパ化)

少し前から、まつ毛をもちっとフサフサにしてみたいと思っていた。アルパカみたいに、パッチリとした目になってみたかったのだ。

 

f:id:lebentur105:20200512232701p:plain

アルパカ、再び登場。(写真は山古志さんより拝借。)

 

ウワサによると、職場の後輩Kちゃんの友達が、まつエクサロンをやっているとか。かなりの仲良しさんらしく、「是非お店に行ってあげてください」と本気でプッシュされていたので、そんなら…と思っていた矢先にコロナ禍、キンキュー事態宣言発令になって、予定が延び延びになっていた。

ようやく兵庫大阪もキンキュー事態宣言解除になったし、自分の仕事は一段落なので、Kちゃんに予約をお願いした。で、初めてのまつエクなので、怖いから(笑)Kちゃんに御同行願った。

しかし…月末、金曜日、Kちゃんの部署にはコロナの後始末のしわ寄せが来て、結局私1人でお店に向かうことに。

担当のNさんは、Kちゃんの古くからの友人ということで、初めてのサロンだけどとても寛いでまつ毛を植えてもらうことができた。

初回なのでアルパカ度は控え目にしつつ、かなり気に入った‼︎

f:id:lebentur105:20200529222801p:image

しかも、お代もKちゃんもお立て替えと、至れり尽くせりで、大満足で帰宅なニクの日、プレミアムフライデー(死語)であった。

 

 

【通院40回目】不安要素は無くなったものの

恒例の通院日。

職場に行くと、移動時間が勿体無いので、在宅勤務でかつ時間休にしておいた。

午前と午後、2回のZOOMミーチングも有りーの、あとは地道に書類の校正などをこなして終業。

さて、いつもの時間に病院に向かうと、意外に空いていた。先客は1人だけ。その方も初めて見かける方だったが初診ではないようで、すぐに終わった。

さて、私の番が回ってきた。

 

f:id:lebentur105:20191126000517j:plain

 

幸い、仕事の状態は7月位までの目処が立ったので気持ちは少し楽になりつつある。

センセーはそれを聞いて「そんならいっか」と思ったようだ。職場の人間関係も幸い悪くはない。

薬は…ちゃんと飲んでます、というのは全て本当ではないが、長いお付き合いの2種類は欠かさず服用してるし。

出来たらそろそろ通院4週間ごとがいいなぁ、と思っていたが、「また2週間後に〜」になった。

次は、4週間ごとになりませんかねぇ、と直談判してみるか。

サバイバル日記423日目(給付金の書類が届く)

昨日の夕方…帰宅すると郵便受けにこんなものが。

f:id:lebentur105:20200527122641j:image

コレはもしや。

給付金の申請書類。

とっくにキンキュー事態宣言は解除され(それもどうかと思うが)、街が「平常モード」に近づきつつある(更にそれも個人的には「徐々に」してほしいが)。

「ア●ノマスク」とキューフキンの書類、どっちが先に届くか賭けていたが、給付金が勝った(苦笑)。市の広報紙にも、「5月25日以降送付」と書いてあったからなぁ。

 

結局、「ア●ノマスク」はまだ届いていない。

勿論、欲しいわけではないが、原資は私を含め、みなさんの血税だ。無駄にするわけにはいかない。いつになったら届くのか知らないが、届き次第、とりあえず「受領確認」の写真だけは撮って、開封せずにキョーイク委員会にでも寄付しようと思う。

 

 「ア●ノマスク」なんかよりも遥かに性能がいい、あるいは使い心地のいいマスクがそろそろ市中に出回っている。つまり、ア●ノマスクは無用の長物だ。これを貰って有難がっている人がいるとしたら、心底悲しい。(勿論、モノは大事にしなければいけないが、「政府がマスクを配ってくださる」などと「お上」扱いするんだったらとんでもない、と思ってしまう)

 

翻って、給付金はもちろんいただいておこう。

コロナ対応で、日々心身疲労した。幸いなことに、フリーランスや自営業ではないので、コロナのせいで直接の収入減や契約取消などは無いけれど、「コロナさえなければ」しなくてよかったこと、コロナのせいでやらなければいけなくなったことが多すぎる。

中には住所がプリントアウトされた申請書が封入されていた。悪評高い「申請を希望しない場合」は、地元(西宮)の場合は、「二重線で抹消」なので、まあ間違うことは無かろう、担当者の機転が行き届いていることが確認できた。

しっかし、申請書に必要なこと書くだけじゃなくて、更に「本人確認書類」のコピーだとか、振込先口座の通帳とかカードのコピーまで同封を求めている。そして、同封されていた返送用の封筒がやたらちっちゃい。物理的に入らなくはないが、ナンセンスだ。

まあ…この申請書の紙も印刷費用も送付にかかった郵送代も仕分け作業した人件費も、更に、もちろん給付金自体もぜーんぶ元はといえば自分が払った税金(の一部)だ。

それを忘れてはいけない。天からお金が降ってくる、わけではないのだ。

 

サバイバル日記422日目(今日はフロの日)

月に一度のフロ(26)の日。

大抵の銭湯は、この日割引があったり、何らかのサービスがある模様。サービス目当てでなくても、何となく語呂が良いからこういう日は銭湯に行っておきたい。

うっかり今日は夕方までフロの日だということを忘れていた。

もう晩は家でゴロゴロ過ごそうかと決めかけていたが、9時前になってふと思い出してしまった。今日は風呂の日、しかもGO風呂だ。コレは行かないわけにはいかない、と。

慌てて出張セットを携えて、近場の風呂屋へ。少し遅めの時間だったので、滞在も少し短めに。それでも充分リフレッシュ。

やはり、デカい風呂の力は偉大だ。

ちなみに、本当に偶然だが、脱衣ロッカーは126(いい風呂)、サウナ札も26な今日だった。

f:id:lebentur105:20200526233033j:image

26、ワクワクする数字(笑)