サバ×サバな日々

メンタル不全により仕事からの敗走。休職というサバティカル、そしてサバイバルに向けて模索する日々のよしなしごと。

451 ラジオから流れる曲

 最近はスポーツクラブの風呂に日々お世話になることが多いせいもあり、2,3年前のようにスーパー銭湯に日々出入りすることが無くなった(地域活性化の観点からは申し訳なく思っているが…)。

 本来は風呂屋なんて、徒歩かせいぜい自転車で行くところだと思っているけれど、このご時世だとなかなかそうもいかない。私が住んでいるところでは、銭湯は市内の南側、それも南東に集中している傾向がある。我が家はどちらかといえば北西なので、真逆なのだ。自転車で行こうと思うと、「物理的には可能だが、進んでやりたいわけではない」という距離である。そういうわけで、特にスパ銭に行くときには車で行くことが殆どだけど、その回数も月に1回あるかないか程度。日頃の用足しは車無しでもできるので、すなわち車に乗るのが風呂に行く時とニアイコールである。

 そして、私は車に乗るときだけラジオを聴く。自宅にラジオが無い(多分)というのもあるし、運転しているときは逆にラジオを聞いて時間感覚を持てるのが好きなのもある。だから、聴く局はいつも一緒で変えることは無い。選曲の趣味やDJの喋り方などの好みで、ずっとFM COCOLOを聴いている。気が付いたらヒロ寺平さんはラジオレギュラーからは引退してしまったようだが、マーキーはまだまだ現役で頑張っている。実はマーキーの夕方の番組は最初に休職する直前にも帰宅する道中いつもかかっていたので、時々辛い思い出が蘇ってくるのだが…

 ところでこのFM COCOLO、曲の趣味がちょっと懐メロぽくないか、なんか懐かしいアーティスト多めじゃない?!と思っていたら、局のコンセプトがover 40がターゲットなのね、と知っていたく納得した。ユーミンやサザンはもう少し上の世代がドンピシャだろうけれど、いずれにしても90年代にバンバン売れた人を邦楽洋楽問わずに流しているのは昭和末期生まれとしてはなんともありがたい。

cocolo.jp

 そんなラジオから流れてきた最近のマイリバイバル久保田利伸とChicagoで、(Chicagoは実際はもっと上の世代が愛聴するグループだと思うが)早速配信で聴けないかと探ってみたら、最近はApple Musicでもちゃんと入っていると分かってニッコリ。

 日本はラジオ局ってまだまだ少ないけれど、海外だと一つの都市でもいっぱい局があって、それぞれがかなり個性的な方向を打ち出している。だからこそ、それぞれの曲に「お気に入りリスナー」が付くのだろうけれど、そういう意味ではドイツ・ベルリンのRbbも90年代の曲ダダ流しなので割と好みだ。

www.rbb888.de

日本でもiPhoneアプリ経由で聴くことができる

450 映画「落下の解剖学」を観にいく

 普段、あまり映画館には行かない性質なのだが、気になる作品があったので映画館で観ることにした。1週間ほど前に雑誌だかネットだかの評判を見て、カンヌ映画祭パルムドール受賞、そして今年のアカデミー賞候補にもなっていると聞いて、ふーん、と思ったのがきっかけだ。相棒に声を掛けたら、「じゃあ連休中、初日に観にいこう」と話がすんなりまとまり、前売りチケットを買うことにした。最近はネットで前売券が買えて、しかも劇場の座席指定までできるらしい。しかも、座席指定したチケットはQRコードがメールで送られてくるので、当日はチケット発券の必要も無し。便利になったものだ。

 さて、映画の内容は、というと、(以下ネタバレを含むので、ネタバレが嫌な人は映画を見てから読んでいただければ)ああフランス映画だなあ、というのが一つの感想。誰もハッピーにならず、不条理さ満載で最後までいっちゃうのかー、というぐずぐず感。

 登場人物はそんなに多くなくて、作家の女性(主人公)、夫、その子供である息子1人、飼い犬、弁護士くらい。舞台も自宅と法廷くらい。山中の別荘のような家に住んでいた作家夫婦のうちの夫が、自宅の窓から転落死。自殺なのか?事故なのか?事件(他殺)なのか?ということになり、目撃者がいない以上、どっちの可能性もあるーということで、妻が疑われ、裁判にまでなってしまう。検察側は当然有罪にしたいので、妻が仕組んだ殺人だ、と主張して、いろんな証拠を引っ張り出す。そして、視覚障害のある11歳の息子まで法廷で証言することになるのだが、果たしてその証言の信ぴょう性はいかほどに…というのが大まかなあらすじ。

 妻役をやっている女優さんはドイツ人で、確かに演技は秀逸。導入部の描写も、なんとなくこの人怪しいなあ、と思わせる態度が随所に出ている。ただ、時間が経って裁判の過程になると、「もともと夫婦仲が良くなかった」とか、とんでもない証拠が出てきたりとか、「ああやっぱり」なのか「ええーっ」なのか、見ている方が心揺さぶられる、お前どっちやねんという展開になる。

 ドラマが佳境になったところで、証拠の一環として録音テープ(とどういう状況で録音されたかの風景)が出てくるのだが、この妻の怒り方がドイツ人ぽいなあ、と見ていて納得した。ハリウッド女優、ハリウッド映画ならば、ここはギャンギャン怒鳴りあうんだろうけれど、喧嘩のボルデージが上がるにしたがって彼女が冷静になっていくのがまた見もの。

 そして、邦画とかイギリス映画だったらば、最後の裁判が終わった後に、回想シーンとして、妻あるいは息子が夫(息子が犯人ならば父親)を突き落とすシーンが入り、「あーよかった、バレませんでした」(あるいは、本当の犯人は息子でした)という一種の「解決」が入ってエンディングとなるのだろうけれど、そうはならないのがフランス映画ゆえか。単純明快でないだけに、アカデミー賞獲得なるかどうかは、ちょっと微妙な路線。観る価値はある、けれどそれなりに疲れるので、根性込めて鑑賞することをお勧めする。

gaga.ne.jp

 

447 日記のまとめ書き

 2021年から「5年連用日記」をしたためているが、これがなかなか「毎日きちんと書く」のは習慣づいていない。ついつい、1週間分、とかまとめて書くことになる。

 

sabasabadays.hatenablog.jp

 

 2年前から、プライベートの手帳はライフログを兼ねているので、それを見返すことで「ああ、この日はこんなことがあってー」「●●をしてー」と思い返すのは簡単になった。だからとて、まとめて書くのは、本来の日記の目的である「その瞬間」に思ったこと感じたことを封じ込める、その力は弱まってしまうなあ、と。

ポジティブでもネガティブでも、その時その瞬間に持っていた気持ちは、やはり時間とともに薄れてしまうので、逆に強烈過ぎるようなフィーリングは「その時」に書いてしまったらマズい、のかもしれないけれど、やっぱり「そこまでカッカしてたのか」とか、後々思い返して分析することも一つの材料になるのだから、やっぱり間が空くと資材としてはよろしくないのだろう。

それでも、ほぼ毎日そろばんの練習までは習慣づいてきているけれど、3行の日記はまだ日課に馴染んでいない。気が付けば1ヶ月分くらいたまってしまった。もはや8月29日の夏休みの宿題状態である。今日ようやく観念して、広島に出張に行った辺りのことを思い出しつつ書いた。ほかにもインパクトのあった日は2行くらいだけど白いところを埋めていった。そして残るのが「いつもと変わらない平日」。何があったのかを思い出すのもだんだん困難になっていく。結果として白いまま残りそうだ。

 

446 妹に頼まれた公図を取り寄せる

 またもや実家のソーゾク問題。今暫くは相続した金融資産、各口座の残高の算出や、実家の土地建物の評価額の算出の精査の段階。

お金と数字は関わるのが苦手だし、何より金融機関へのアクセスを考えると妹に任せた方が無難ということで、全面的にお任せしているのだが、ここにきて「公図がほしいかも」と言われた。公図?なんだって?地図ってこと?よくわからないが、いずれにせよ、例の法務局のシステムでオンライン取り寄せができるらしい。

えーと、「地図・図面証明書」ってところから申し込めばいいのか。それで、「地図証明書」っていうのを申し込めばいいのかな…火急ではないけれど、速達にしておこうっと。  ポンポンとボタンをクリックして、最後はオンラインバンキングで手数料を支払えば、あっという間に請求完了。果たしてこれで、お目当てのものが到着するのかどうか…

 

 

444 気が付いたら昼、楽譜をダウンロードして製本

 そんなに疲れ果てていた記憶は無いのだが、朝方目が覚めて、今日は休日だから目覚ましを止めて、を繰り返していたら、気が付いたら昼になっていた。さすがに12時頃まで寝ていたのは凄い久しぶりで、体調が悪いわけではないのでなんだかちょっと損した気分になった。

 15時から鋸曳道場の予定が入っていて、恐らくハッピョーカイの曲を決めねばならない。そうだった、ネットにしか売られていない楽譜を買っておこう、と思いつつ、昨日もバタバタしていてすっかり忘れていた。海外サイトから楽譜ダウンロードのためにクレジットカード決済って、かなり怪しいにおいがプンプンするなあ、と訝しんでいたが、よくよく見たら支払い方法がPayPalだったのでちょっとだけ安心した。

violamusicplus.com

 しかし円安が激しくなっているのが悲しい。1ユーロが160円を超えているので、15ユーロの楽譜が2,500円…しかも、自分で印刷するのに…はぁ…(溜息)PDFの設定があまり宜しくないらしく、ヘンテコな大きさで印刷が上がること数回、やり直し数回を経てようやく印刷完了。いつものように内職のように製本を済ませ、いざ道場へ向かった。

443 確定申告した還付金が入金される

 確か、1月末に送信した昨年度分の確定申告。eTAXでの提出だし、割と早めに出すので、例年還付も早いのだが、今年もやっぱり早かった。

 昨日、国税庁からのお知らせメールが配信されていて、ただこれを見るにはマイナンバーだとかeTAX番号だとかが必要なので、わざわざそれを取り出して見るのも面倒だなあ、と思っていたら、今日には還付金が入金されていたので、ああそのことか、とわかった。

とりあえず、入金まで来れば一連の作業の完了感があるので、一安心。

442 道具にはこだわった方がいい・2

 昨日、道具の話を書いたら少しアツくなってきてしまった。ノッてきた、というやつだろうか。なので、もう少し続きを書いておく。もう一つ、我々の生活に絶対に切り離せないのは「食事」だ。

ほとんどの人は最低「ご飯を炊く」とか「パンを焼く」くらいは家でするだろう(それが「自分でやる」か「パートナーがやってくれる」かはさておいて)。あるいは、ホテル暮らしに等しいくらい「家では何も作らない、食べない」という人でさえ、コーヒーくらいは飲むだろう。

一人暮らしの人、あるいは一人じゃないけれど自分で食事を作ってみて、「どうも美味しくないんだよな」「家では食べる気がしない」という場合、「材料を変えてみる」「道具を変えてみる」という手がある。昨日も書いたように、「すべて」をレベルアップ、ランクアップするとキリがない。なので、「●●だけは譲れない」というのを決めて、まずはそこから始めて、上手くいったら悦に浸る(このプロセスも大事だ)。そうすることで、「おうち時間」や「自炊」に少しの歓び楽しみが生まれる。

 

道具の話に戻ると、「鍋」と「包丁」はいいものを選ぶと、ちゃんと応えてくれる、という実感がある。最近は100均でも買えるであろう鍋や包丁だけど、例えばすぐ切れなくなる包丁や、底の厚さや熱伝導にムラがある鍋だとすぐ焦げ付いたりしてしまい、料理の出来具合もランクダウンするし、洗い物の時も大変だ。

安いものをいくつも買うよりも、「これさえ持っておけば」というものを一つ揃える。そして、料理のレパートリーもあれこれ手を出すよりも、「どうしても食べたい」「これが好きだ」というものをひとつ作ってみる。イマイチならば、原因を究明しつつ、「ベター」が「ベスト」になるまでトライアンドエラーを繰り返してみる。

 この話で一番シンプルなのは「米を炊く」ことで、いわゆるダッチオーブン的な鍋やよい土鍋があれば、ご飯は美味しく炊ける。仮に、「超魅惑のタマゴかけご飯」をするために、高級タマゴ(そんなんあるんか)を買ったとしても、1個500円にもならないだろう。安いものだ。

 そして素晴らしいのは、鍋だったら、米を炊く以外にも汎用性があって、ある時はビーフシチューを作ってもいいし、またある時はおでんを炊いてもいい。最近は、鍋の名前を付けたレシピブックなんかも売られているから、お気に入りの鍋を見つけたら、まずは米を炊いたり、大好きなメニューを自分で作ってみてはどうだろうか。最近のレシピは精度が高いから、まず事前に通読して(ここ重要)、そのあとレシピ通りに作れば、大概は上手くいくものだ。

 

例えば、この鍋。これさえあれば、大概のものはうまくいく。