サバ×サバな日々

メンタル不全により仕事からの敗走。休職というサバティカル、そしてサバイバルに向けて模索する日々のよしなしごと。

サバイバル日記Ⅱ 57日目 「なにけん」で過ごす午後

 通院自体はいつも3時間もあれば確実に終わる。だけど、「しんどくて」通院しているわけだから、休めるならば可能な範囲で休んで、心身の疲れをリリースしたほうがいい。

 そういうわけで、通院の後はお風呂に行って長居する、というのが初回の休職以来の習慣になっている。お風呂でなくても、美味しいランチを食べてのんびりしたり、本を買いに行ったり、とにかく「あくせく」したり、「他人の目を気にして」あれこれすることから解放されたい。

 今日も一日休みにしていたので、通院後は自由の身だ。もともと予定を決めていたので、自宅に帰るのとは違う電車に乗るために、別の駅に向かった。昨日からJRのダイヤは乱れまくっている。理由はよくわからないが、雪によるもの、それ以外の原因、まあ理由がどうあれ、「あてにならない」ということだけは確かだが、とりあえず動いてはいるようなので、来た電車に乗った。乗っている時間がけっこうあるので、席に座るなり読書開始。「ミレニアム3」の上巻を読み進める。乗換駅の京橋で環状線に乗り換える。そこから鶴橋まで行って、更に近鉄に乗車。目指す目的地は布施だ。

 普段近鉄に乗らないので、鶴橋での乗り換えは結構緊張する。そもそも、鶴橋の駅にはいろんな電車がやってくる。近鉄大阪線奈良線?特急?!どれに乗ったらいいのやら、なのだが、布施に行くなら「特急以外」なら何でもよい、ということが分かった。普通電車なら2駅、急行なら乗ったら次が布施だ。

 布施の駅は東大阪市にある。昔ながらの商店街が健在で、駅前は結構大きな感じ。駅の北西(大阪寄り)はこちゃこちゃしていて昔ながらの商店街や飲食店が多い感じ。東側は幾分スッキリとしている。

 今日は駅からまっすぐ北側に出て割とすぐのところにある「自由亭」という洋食屋さんでランチをいただくことにした。カウンターだけの10席程度の小さなお店。事前に調べていた情報によると、「Aランチ、Bランチおすすめ」「量が多い」ということだが…迷うことなくAランチをオーダーし、周囲をそっと見てみると、オムライス人口が多めなことが目に付いた。隣の年配のご夫婦など、メガサイズの豚カツをそれぞれオーダーしたうえで、枕のようなオムライスを二人で分け分けしつつ召し上がられている。恐らく常連さんで、「たまの楽しみ」なのだろうけれど、凄い食欲だなあ、と驚いた。

 さて、程無くして注文したAランチが運ばれてきた。ビフカツ、ハンバーグ、エビフライにハムのスライスまで乗って、噂にたがわぬメガボリュームだ。最後は若干フードファイトになりつつも、完食。お客さんは年配の方が多かったことを考えると、町で愛され続ける洋食屋さん、なのだろう。

 そのまま東にまっすぐ進むこと5分くらいで、目指していた「なにけん」ことなにわ健康ランド湯~トピアに到着。最近はここがお気に入りだ。特筆すべきはセフルロウリュができるフィンランド式サウナ。ここは空いているので、今日のような日にぴったりなのだ。あとは、お風呂も気持ちいいので、いつもの「2時間でサウナ3セット!」に追われるだけでなく、時間を気にせず好きなだけ入浴、サウナを楽しみたい。

 2時間経った後、ちょっとインターバル。レストランでデザートをつまみながら、オロポをいただく。平日の昼間でも、この時間はちょうど私の様に小休止の人が多いのか、食堂の座席は結構埋まっていた。

 30分弱の休憩の後、再び風呂場に戻ってサウナ、風呂三昧。特に薬湯が気持ちいい。最近、神戸クアハウスは薬湯になる浴槽が壊れてしまって長らく薬湯に浸かる機会が無かった。なにけんの薬湯の方が好みだし、次はいつ来れるか、と思うとついつい薬湯リピート。

 夕方5時、ふやけまくってようやく風呂から上がる。入館前に買っておいた麦茶2Lを全て飲み干して「なにけん」を後にした。

サバイバル日記Ⅱ 43日目 頭が重くて仕事を休む+兵庫県の銭湯値上げニュース

今朝は何故か頭が重くて、動く気力も出ず。

風邪を引いたり熱が出た時の頭の重さとは違う。

むしろ、考えすぎとかで脳を酷使し過ぎた時のような焦げ付き感というか…

何も考えられないし、あ、ともあ、とも反応できない。

そのまま昼間はずっと寝ていた。動くことすらままならなかった。

夕方になって少しだけスマホを見たら、銭湯関係のRSSで、兵庫県の銭湯が2月1日から値上げ、というニュースが来ていた。

昨今の燃料費高騰を筆頭に、値上げの理由はなんぼでもあるのは自明。490円になるらしい。

特にシニア層、年金生活の人なんかには20円の値上げだけど厳しいだろうな…毎日通う場所だけに、まさにチリも積もって山になる訳だから…

 

ニュウヨーク出張:なにわ健康ランド湯〜トピア(大阪府東大阪市)

久々の新規開拓訪問。

通称、「なにけん」の愛称で親しまれている「なにわ健康ランド湯〜トピア」。

以前から興味はあって行ってみたい気満々だったものの、ちょっと自宅から遠いアウェイ感が訪問を遠ざけていた。

けれど、いざ勇気を出して言ってみれば、鶴橋からほんのちょっとで着いてしまうではないか!

自宅が阪神間ゆえ、近鉄線に乗ることはほぼ無く、近鉄の乗り方が分からない故に敬遠していたのが「もったいない」と感じるくらい、なにけんは素敵なニュウヨークスポットだった。

まず素晴らしいのは、アクセスが「意外に便利」なこと。

大抵健康ランドとかスーパー銭湯は車アクセス中心の立地。大型駐車場完備な代わり、駅からは遠い。送迎バスが出ているところも多いけれど、晩になると無くなってしまったりも。

そんな中、なにけんは近鉄「布施」駅から歩いて5分!しかも線路沿いを歩けば着くから、迷うことはない。更に付け加えるならば、私のような近鉄音痴の人間で、鶴橋駅で「何乗ったらええねん」と悩んでしまうような人種でも無問題。布施駅は急行も普通も止まるし、大阪線奈良線も止まる。特急にさえ乗らなければ、降りられる。(おっとここは少々例外があるみたいだが、まあ普通でも急行でも大阪線でも奈良線でも行けるよってこと)

f:id:lebentur105:20221128235021j:image

普段の巨大なスーパー銭湯に慣れていると、なにけんの入口玄関はちょっとこじんまりしているように感じる。でもそこがアットホームでいいのかもしれない。

ロッカーはサウナに多い細長い縦長ロッカー。ロッカールームが絨毯なのもサウナ系列だからか。

この施設の底力は、男女平等っぽいところ。普通のスーパー銭湯やサウナ屋では、女性サウナが小さかったりしょぼかったりするのだが、ここなにけんは、女性側もちゃんと大箱サウナもあり、そしてセルフロウリュができるフィンランドサウナもあり、と設備が整っている。

欲を言えば男性浴場にある不完温浴の浴槽が羨ましいが、代わりに女性側にはラジウム温泉があるから、そこはトレードオフか。

更に水風呂も冷たいのと弱冷24度の2種類が備わっている、と、痒いところに手が届きまくりのサービス。

恐らく、京阪神地帯では一番の充実ぶりではないだろうか。

(あ、梅田の大東洋レディーススパもサウナに水風呂複数あるのだけど、ここなにけんは外気浴ができるし浴槽の種類が多いのもポイント高い)

途中休憩のために食堂に行ってみたら、大学生か20代前半と思われる若者男子3人組がたこ焼き焼いたりしていた。そういうザ・大阪なメニューを提供しているアットホームさとかもすっかり気に入った。

帰り際にはついポイントカードまで作ってしまった。

そんな頻繁には来られないのに、それでもポイントカードを持ちたくなる魅力がなにけんにはあるのだ。

サウナが好きな人にはとにかく一度行って欲しい場所、間違いないスポット。

 

なにわ健康ランド湯〜トピア

大阪府東大阪市長堂3丁目4−21

営業時間 24時間営業

定休日 無し ※メンテナンスのための臨時休館日はあるだろうからHPで確認を

アクセス 近鉄大阪線奈良線「布施」駅から徒歩5分

サウナ もちろん有り ※男女ともセルフロウリュできるサウナがある!

水風呂 もちろん有り ※16℃台と24℃台の2つあるって凄い

外気浴 可

特記事項 インフィニティチェア有り、ドリンク持ち込み可(水、スポドリ

ホームページ 

naniwa-utopia.com

 

 

サバ生活シーズンシーズンⅡ 118日目 神戸クアハウスレディースデーに潜入

たまに行く神戸・二宮にある「神戸クアハウス」。

サウナもあるけれど、ここは温泉が2本来ているので、お風呂を楽しむのがオススメだ。

しかし、去年だったか、男湯のサウナが改装されて、かなりレベルアップしたという…ファンがめちゃくちゃ増えているという…

そもそもクアハウスは、男性は屋上に露天スペースがあって、そこにお風呂もあって、サウナの後の外気浴ができるようになっている。

女性は露天ゾーンが無いのだ。その上、サウナのレベルもかなり差をつけられている、と聞いたら、クアハウス準定連の女性からしたら、「ナンヤソレ⁈ちょっと見せてみぃや」となるだろう。

リニューアルオープン直後にもあったらしいのだが、あいにくそのタイミングを逃していたので、先月クアハウスの店内でこの「レディースデー開催」を見つけた日にはガン見した。2回くらい入場方法を確認した上で、いざ当日となった。

何処ぞのように予約制ではないので、11時半にいつものように来訪。今日は特別料金で1500円。女性貸切で、普段の女湯も通常営業している。

f:id:lebentur105:20221024155945j:image

とりあえず、いつものように女湯4階で洗体を済ませて、下茹でしておこうかなあ、と、半身浴ゾーンで10分ほど温まる。ここまでは完全にいつものルーティンだ。

そういえば男湯ゾーンにはどうやっていくのだろう、と思っていたら、女湯サウナの裏、つまり、炭酸泉に行く廊下を左に曲がると、いつもは壁となっているところが解放されて階段になっていた。なるほど、こういう作りになっているのか。。。

階段を上がって男性浴場に行くと、女湯の下階にあるもの+サウナ+水風呂+ととのいイス広場が。

なるほど、外気浴は階段登って更に上だけれど、男性の風呂場はサウナもお風呂も全部がワンフロアにあるので動線は良さそうだ。

そして、サウナに入ってみる、と。。。L字型をして細長い。ストーブはLの字の上の端にある作りだ。そして、Lの曲がった先は寝転んでもいいゾーンになっている。温度計は100℃近くを指しているけれど、決して苦しくないし、汗のかき方が凄く爽やかだ。

こういうサウナはなかなか無い。そういえば、遠いけど足繁く通う南巽の福徳温泉のサウナもこんな感じだったなあ、と思い出す。

これは、確かにファンが増えるわな…何がいいって、水風呂の広さと心地よさは女性ゾーンも同じくだし、デッキチェアは無いけれど(どうやら潰されたらしい)ととのいイスがこれだけあれば誰も文句言わないだろう。しかも、ととのいイスとセットで置いてあるちっちゃい踏み台、あれが足置きにちょうどいい。

f:id:lebentur105:20221024160748j:image

そして、昨晩HPで見た時には売切で半ば諦めていたアウフグースへの参加だが、「当日抽選枠」があったので、ダメもとでそれに申し込んだら見事当選‼︎

13時からの回に参加させてもらい、じっくりと熱気とタオル捌きを堪能する。

結局16:30まで5時間近く滞在し、ふやけまくってクアハウスを後にした。

ちなみに相棒は、近くの神戸サウナ&スパに行き、こちらも夏にフィンランドサウナが改装されているので、新しくなったサウナを堪能してきた。

2人で「いいサウナって凄いねー、幸せだねー」と感想を語り合い、帰宅。

 

 

サバ生活シーズンⅡ 34日目(大箇温泉、閉店するってよ)

ここ1ヶ月はほぼほぼ何もする気が起こらず、ひたすら起きて寝ての生活だった。もちろん24時間ベットにいるわけではなく、家の中で最低限の家事をすることはあった。あと、どうしてもの用事の時は外出もした。けれど、家の中にしろ外にしろ、気力が持たないので、1日中出かける、とかはとてもじゃないけれどできない。よくて半日、帰ってきたらぐったりで次の日は更に寝込む、という感じだった。

ここにきて、少しだけ調子が戻ってきたのかもしれない。朝、相棒の出勤のタイミングで一旦起きて一緒に朝食。その後二度寝タイムに入るが、昼にはベッドから出られるようになった。稼働時間が少し増えた。

そうなると、少しずつ、日常生活を取り戻していけるように、できるだけ体を動かすようにしたり、昼からはできる限り家事などをして、活動時間を伸ばしていくようにしたい。

今日は、自転車に乗って買い物に行くことにした。

しかし、その前に、ちょっと風呂に入ろうかな…と思い立ち、自転車でいける距離の銭湯を頭の中で並べる。久々に、駅の南側にあるところに行ってみよう。

そしてやってきたのが大箇温泉。

 

sabasabadays.hatenablog.jp

17時台の銭湯は、常連のおばさまたちがそれなりに入浴中。

みんな18時には帰るんだろうなーと読んでいたらその通りで、17:30を過ぎるとどんどん空いていった。

ただ、こちらの銭湯、天然温泉が売りなのだけれど、今はポンプが故障して温泉にはなっていないとのこと。そして、脱衣所には悲しいことに「閉店のお知らせ」が貼ってあった。

施設の老朽化、燃料代の高騰などにより、8月31日をもって閉店いたします…と。

サウナの中では、常連のおばさま3人組が、「ここ閉まったらどこ行ったらええんやろー」と、次の心配をされていた。普段から、定休日には他の銭湯に行かれている模様ではあるけれど、どうやらべったりこの店がホームだったようで、「他所の店行くとなんか、居心地がなぁー」とも言っていた。

こうして、街中銭湯がまた一つ消えていく。

銭湯難民、サウナ難民にならず、次の居所が見つかるといいなぁ、と、サウナ内で耳をダンボにしつつ蒸されていた。

 

ニュウヨーク出張:ひよし温泉(京都府南丹市)

 

 

小学生の頃、いっとき京都市内に住んでいた。なので、京都の大まかな位置関係は把握しているつもり…だったが、南丹市ってどこだっけ、というと、昔の北桑田郡美山町とか京北町船井郡日吉町の辺りか…

日月で、キャンプにやってきた。職場の元同僚で、先輩キャンパーM嬢のおすすめである。なんでも彼女は、お祖父さんがこの日吉町界隈の出身だそうで、こちら方面に詳しい。以前来たことがある、と言って勧めてくれた。

キャンプ場は道の駅に隣接していて、更に温泉施設まである。キャンプ場のチェックインの際に、1回無料入浴券を貰ったので、晩遅くなる前にとりあえず入っておこう、と相なった。

f:id:lebentur105:20220607072913j:image
f:id:lebentur105:20220607072922j:image

HP情報によると、浴場が日替わりらしい。ということは、明日来れば別の楽しみがあるのか…。

中の構造は、街にあるスーパー銭湯さながらだ。岩盤浴やマッサージも併設されている。洗い場の広さもそこそこ取ってあるので、トップシーズンでない限りは、洗い場争奪戦とは無縁とみた。

天然温泉らしく、舐めると若干塩味のするお湯が身体にいい具合に染みる。温度も熱すぎずぬるすぎずでちょうどいい。

更に、特筆すべきはサウナだ。「意外に」いい装備が備えてある。オートロウリュのある側に当たればラッキーだ。しかも、そちらサイドだと、寝転び湯もあるので、外気浴しながら温泉の上で寝転ぶ、という贅沢タイムが味わえる。

地元の人でなければ、「風呂のためだけ」に此処に来る、というのは無さそうさが、この風呂目当てにキャンプ場を「スプリングスひよし」にするのは大いにアリだと思う。

 

ひよし温泉 京都府南丹市日吉町中宮ノ向8番地

営業時間 10:00-21:30

定休日 水曜日

サウナ あり

水風呂 あり

露天風呂 あり

シャンプー石鹸 備え付け有り

備考 男女日替わり。天然温泉。靴ロッカー、脱衣ロッカーは100円リターン式

ニュウヨーク出張:桜湯(京都市東山区)

今日の銭湯巡り、フィナーレを飾るのは、以前から気になっていたレトロ銭湯・桜湯。

f:id:lebentur105:20220606122036j:image

外観も昔ながらの西洋チックな趣だけれど、それよりも有名なのは、「お湯に浸かりながら鯉が見れる」ことだろう。

京都スタイルの、壁に沿って設置された浅い浴槽、深い浴槽、その深い浴槽の上にデカい水槽が設置されて、鯉が悠々と泳いでいる。

それを見るだけでも風流だけど、ここのサウナもまた凄い。
スチームサウナだが侮ってはいけない。激烈に熱い足元から熱風が噴き出してくるので火傷に注意、体感では60℃を超える勢いだ。出入口横に置かれているビート板マットを忘れずに持って入ることを強く勧める。

水風呂は一番脱衣所側だがむらさき湯などのように脱衣所に突き出してはいない。

水風呂のライオンが青い。そして水は意外に冷たい。おかげで、スチームサウナのくせに、かなり整いに近い境地にいかさへる。

手前から水、浅くてぬるめ、深くて熱め、ジェット(少し熱め)、薬湯(ジャグジーでぬるめ)とバラエティに富む浴槽があるので、サウナ苦手、熱いの苦手、な人でも、入れる浴槽がきっとある筈だ。

市街地中心からも近いので、御所周りを歩いたついでに是非寄ってみてはいかがでしょうか。

 

桜湯 京都府東山区南西海子町431−3

営業時間 16:30-24:00 ※短縮営業の可能性あり

定休日 月曜日

アクセス 河原町丸太町からすぐ

サウナ スチームサウナあり

水風呂 あり

シャンプー石鹸備え付け 無し